ピラティスのレッスン形態

ピラティス教室やスタジオでのレッスンの受け方は大きく分類すると、グループレッスンとプライベートレッスン(個人レッスン)に分けられます。

グループレッスン

グループレッスンは、基本的にひとりのインストラクターが多人数の受講者に対しレッスンを行っていくものですが、受講者の定員は4〜5人の少人数なものから20人程まで、各教室・スタジオによって様々です。人数によって、クラスの雰囲気も若干変わってくるようです。
グループレッスンでは、ピラティスの習熟度に応じてクラス設定を行っていたり、マタニティー向け、男性向けなどのクラスを開設している教室やスタジオもあります。

関連記事:ピラティスレッスンレポート(グループレッスン編)

プライベートレッスン(個人レッスン)

プライベートレッスンは、受講者の体のクセ等をインストラクターが判断しながら、本人の希望にも合うようなプログラムを組んで行っていくものです。
当然、グループレッスンより料金は高くなりますが、マンツーマンの指導によりピラティスの効果を充分に実感でき、上達の速度も早まる可能性が高いといえます。
また、リフォーマーやキャデラックなどピラティスメソッド独自のエクササイズマシーンを使い、マット上でのピラティスにはない、多様なエクササイズを指導プログラムに加えているスタジオもあります。

関連記事:ピラティスレッスンレポート(プライベートレッスン編)

ドロップインと予約制

ドロップインは予約しなくても、レッスンを受けることができるシステムです。グループレッスンの場合はレッスンを受ける人数が定員に達していない時、プライベートレッスンの場合はインストラクターに空きの時間があるときなどにレッスンを受けることができます。急に時間が空いたときなどにレッスンを受けられるという気軽さが魅力です。

それに対して事前にレッスンを受けるクラスや日時を申し出る予約制の場合、スケジュールはしばられますが、定員が埋まってしまうことを気にせずに、安心してレッスンを受けに行くことができます。また、プライベートレッスンの場合、事前に予約を申し出ることで、希望のインストラクターのレッスンを受けることが可能になります。

ピラティス教室・スタジオの料金

ピラティス教室やスタジオを決める際に気になるのは、やはり料金ですよね。入会金の有無や、レッスン料の支払い方の違い(1回ごと、月単位、3ヶ月単位)など、各教室、スタジオによって様々な料金設定がなされていますので、1ヶ月に通える日数、期間なども考慮に入れて決めたいところです。ただし、定期的に継続してレッスンに通った方が効果的なのはいうまでもありません。

1回のレッスン毎に料金を支払うところでは、割安な回数券やチケットを用意しているところも多いので、確認しておくと良いかもしれません。カルチャーセンター、フィットネスクラブなどでは、入会金を払っておくと他の講座やプログラムも受けやすくなるので、好奇心旺盛な方にはおすすめかも。

自分のレッスンスタイルを決めたら、お財布の中身とも相談して、かしこく選びましょう!

関連記事:ピラティスのレッスンを行っている施設

見学や体験コースを利用しましょう!

ピラティス見学や体験コースを利用しましょう!

ピラティスを始めようと思うけれど、自分に向いているのか良くわからないし、どんなコースを受ければよいかも見当がつかない、という方もいると思います。また、通おうと思っている教室・スタジオのインストラクターの先生はどんな人なのか、教室はどんな雰囲気なのかも気になるところ。
ピラティス教室・スタジオの中には、見学が可能であったり、体験コースを用意しているところもあるので、それらを利用して内容を把握しておくと安心してレッスンに通えます。ぜひ活用しましょう。


まとめ

ピラティスをしっかり習ってみたい、という希望を持っている人は、プライベートレッスンが設定されており、グループレッスンも比較的少人数で行われるピラティス専門スタジオに通うのがベスト。

それと、ピラティスのレッスンを受ける場を選べる人は、「この先生なら続けられそう」、というインストラクターの方を選ぶという基準も持っていいかもしれません。

全国地図・東京都内のピラティス教室・スタジオ検索


pagetop