ピラティスの効果について

ピラティスの効果・効能にはおもに以下のものがあります。

姿勢が良くなる

体の骨盤周辺を支えるコアの筋肉が鍛えられ、骨盤と背骨の位置を本来の場所に整えて姿勢が良くなる。

集中力がつく

常に体のどこの筋肉を動かしているかをイメージしながらトレーニングするため集中力がつく。また自分の体への感覚が鋭くなる。

肩こりや腰痛などが緩和される

コアの筋肉に働きかけ、ゆがんでしまった骨盤を本来の位置に戻したり、筋肉のコリをほぐす。そのことで血行や血流が良くなったり姿勢がよくなるため、腰痛、肩こりも緩和される。

しなやかに体が引き締まる

体のコアの部分を鍛えるため、見た目は筋肉質にならずに脂肪燃焼し、しなやかに引き締まる。

「考えるエクササイズ」だから肉体改善効果が高い

ピラティスでは、呼吸を意識しながら集中力を働かせ、体のどの筋肉を動かしているのか常にイメージをしながらエクササイズを行います。

この、イメージをしながらエクササイズを行うということがピラティスの高い肉体改善効果を支える大きな要素であり、ピラティスが「考えるエクササイズ」と呼ばれる理由でもあります。

関連記事:ピラティスとは

ピラティスとダイエットについて

ピラティスのエクササイズの第一の目的は、体のコアの部分の筋肉を、体のゆがみをとりながら鍛えるということです。その結果、姿勢が良くなっておなかが引っ込み、腰周りが絞られヒップアップするという効果が期待できます。

また、呼吸法により、体内の細胞が活性化して免疫力が強まり新陳代謝のよい体質になって太りにくくなる、という効果も期待できます。

ですから、ピラティスにおけるダイエット効果というのは、継続して行っていった結果得られる二次的なものということがいえます。

関連記事:ピラティスコラム

全国地図・東京都内のピラティス教室・スタジオ検索


pagetop