ピラティスで姿勢がよくなる理由

ピラティスを行うことによって得られる代表的な効果の一つに「姿勢が良くなる」というものがあります。

これはエクササイズによって大腰筋、骨盤低筋など姿勢を支える筋肉群が鍛えられ、骨盤が本来あるべき位置に戻り、背骨のカーブがその人にとって自然な状態に保たれるということが関係しているようです。

姿勢がよくなる→仕事がデキる、の理由

姿勢が良いと、人に対して好印象を与え、健康的で若々しく見える、などのうれしい効果がありますが、正しい姿勢を維持できるようになると、普段行う仕事にも様々な良い効果が出てくるようです。

姿勢が良くなると

  • 長時間立っていても疲れにくくなる → 通勤電車で疲れにくくなる → 仕事に体力を温存できる
  • 長時間歩いても疲れにくくなる → 外回りが楽になる → 仕事の苦痛が減る
  • イスに座っていても上半身がグラつかない → 仕事がはかどる → 見た感じもよく職場での評価が上がる

さらに、ピラティスには、自分の体の動きに意識を向けながらエクササイズを行うため「集中力がつく」という効果も上げられています。
ということは、つまり「ピラティスをすると仕事がデキる人になる」、と言えるのかもしれません。

また、オフの時間では、姿勢が良くなると

  • 長時間立っていても疲れにくくなる → 通勤・仕事で体力を消耗しない → アフター5が楽しめる
  • 長時間歩いても疲れにくくなる → 外出しても疲れない → 行動的になる
  • イスに座っていても上半身がグラつかない → 趣味がはかどる → 精神的に暮らしが潤う

オフが充実すれば仕事にも良い影響が出るのはいうまでもありません。

全国地図・東京都内のピラティス教室・スタジオ検索


pagetop