骨盤底筋群とは

骨盤底筋群は、ピラティスのエクササイズが有効に働きかける体幹部(コア)の筋肉群のひとつで、骨盤の底の部分にハンモック状にぶらさがっているものです。

腹筋群とつながる部分にあたり、良い姿勢を安定して保つために欠かせない筋肉であり、腸などの内蔵を保護し生殖器の機能をサポートする役割があります。

この骨盤底筋群の筋肉が衰えると、下腹が出てしまい、姿勢が崩れ腰痛を起こしやすい状態になってしまいます。

ピラティスのエクササイズでは、呼吸に伴う筋肉の動きなどで意識され、他のコアの深層筋群(インナーマッスル)とともに効果的に鍛えることができます。

ピラティスは産後のケアなど女性ならではの問題にも有効です

骨盤底筋群を鍛えることができるピラティスエクササイズは、女性ならではの問題にも有効な手段になっています。

女性は出産後、骨盤が産前より緩んだ状態になり、これが腰痛の原因となることがあります。さらに、骨盤の開きは、シェイプアップを試みる上でも障害になってきますが、ピラティスによって骨盤底筋群をはじめとするコアの筋肉をバランスよく鍛えることで、効果的に出産のダメージから回復でき、腰痛予防、体型の回復を図ることができます。

また、産後、および更年期の女性が抱える悩みとしてあげられる尿もれは、骨盤低筋群の衰えが原因のひとつと言われており、軽い症状の場合、この部分を鍛えることによって改善する場合もあるようです。

なによりも、ピラティスは無理のない動きでリフレッシュ効果を得られるエクササイズなので、このようなナーバスになりがちな時期でもきっと心強い支えになってくれるはずです。

全国地図・東京都内のピラティス教室・スタジオ検索


pagetop