コアトレーニングとしてのピラティス

コアトレーニングとしてのピラティス

「コアトレーニング」によってコア(体幹)を鍛えて筋肉のバランスと姿勢を整え、体の軸を安定させることで機能的に身体を働かせることができる、ということは、スポーツトレーニングの分野では既に一般的になっているようです。また、スポーツの競技能力の向上につながるだけでなく、けがをしない体作り、けがからの回復にも役立つということも浸透しているようです。

「コア(体幹)」という言葉が日本で聞かれはじめたのは、様々な資料を参照すると2001年頃とみられ、その数年後、ほぼ同時期に、コアを鍛えしなやかな筋肉とスラリとしたプロポーションを手に入れることができるエクササイズとして、ピラティスが広く紹介されはじめました。
「コア(体幹)トレーニング」という言葉の浸透とともに、日本のスポーツ界でのピラティスへの注目度も高まっていったようです。
この「コア(体幹)トレーニング」の有効性に基づいて、現在、野球、ゴルフ、テニス、マラソンなど様々なスポーツのトレーニング(コンディショニング)としてピラティスが取り入れられています。


全国地図・東京都内のピラティス教室・スタジオ検索


pagetop