姿勢性症候群について

パソコンなどで長時間デスクワークをしていると、肩こり、腰痛などが起こることは身をもって経験している人も多いはずです。

さらにパソコンにおおいかぶさるような姿勢で長時間モニターに向かい合っていくと、「姿勢性症候群」と呼ぶものにかかることがあるそうです。

「CNET News.com」
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20115347,00.htm

姿勢性症候群と理学療法士の人が呼ぶのは、「屈曲した前傾姿勢を取り続けた結果、首と胸椎(中背部から腰部におよぶ12個の脊椎)に継続的な力が加わって起こる疾患」、とのこと。

長い間同じ姿勢をとり続けていると体に様々な変調をきたすこともあり、生活習慣病予備軍にもみられているようです。

体の悪いクセは正しい運動を正しく体に覚えこませることで元に戻すことができます。ピラティスは体のコアを鍛えて姿勢を保ち、正しい体の使い方を覚えることができるエクササイズ。デスクワークの時間が長い人には特におすすめです。

参考「ピラティス・マスタリー (スキージャーナル社)」

全国地図・東京都内のピラティス教室・スタジオ検索


pagetop